レディーボーイと一夜を過ごして(ほぼ)全てのできる事をした話②

 

やっと本編書いていきます。

この日は師匠について来てもらい、タイでの拠点となるコンドミニアムを探しに行きました。タイの圧倒的な暑さの中2時間程探し回った後、カフェに行き涼む事に。

 

師匠 「そういや今日の夜時間ある?」

 

ぴよひこ 「はい、特に予定ないですけどなんでですか?」

 

師匠 「昨日会ったナンパ師の人に軽くタイでのナンパの事教えた後、夜の街に社会科見学に行く予定だから一緒にこない?」

 

知らない人と夜の街に繰り出すなんて楽しいに決まってる、、僕は二つ返事で行くと言いました。

そうなると気になってくるのが合流相手はどんな人なのか。

師匠に聞いてみると、

 

師匠「錦織圭をイケメンにした感じの某大学院生で、日本でもバリバリナンパしてるらしい。」

 

おお、ハイスペイケメンか、、

しかも日本でも現役でナンパしているとなるとタイでは超イージーなんだろうな。

 

師匠 「そういやタイの初番ゲはロシア人のモデルだったらしいよw」

 

ぴよひこ 「?!?!?!」

 

いやいやいや、ロシア人が?初番ゲ?inバンコク???

え、どういうことイケメンともなればむこうから寄ってくるのだろうか?しかも異国の地でこれまた異国の人が。すごいとしか言い表せない。

 

師匠 「ちなみに以前ぴよひこがショッピングモールの受付の子ナンパしたの話したらめっちゃ尊敬してて色々教えて欲しいって言ってたよw」

 

いや、そんなすごい人に教える事なんて何一つないでしょww

これあれだ、肩書きは上司だけど成績で後輩に負けててその人にでもアドバイスしなきゃいけないやつだわ。1番つらいやつだわ。

とはいえ知らない人との合流、しかもその後はバンコクの夜の街に繰り出す、、、

3秒くらい熟考して、やはり行くと宣言しました。

決して社会科見学行きたいからではなく、同じくナンパをしている同士と話す機会なんて貴重だからです。

久々のゴーゴーバーで遊びつくそうなんてぜんぜん思ってないです。思ってないのです。

 

〜次回予告〜

ハイスペイケメン大学院生にぴよひこは物怖じせず立ち向かっていけるのだろうか、また錦織はどんな人なのだろうか。

次回、「錦織めっちゃ面白くていい人だった!!」

ネタバレして行くスタイル。