タイに来たらいい暮らしができるという幻想をぶち壊したい

 

ぴよひこです。

今日は題名の通り、タイに来たらいい暮らしができるという幻想をぶち壊したいと思います。

 

恐らく、皆さんのイメージではタイは物価も安くて南国だし、日本よりもいい暮らしができると思う事でしょう。

まあ半分あってて半分間違ってます。

今日は実際にこちらに住んでみてわかったタイでの暮らしぶりを紹介しようと思います。

※最初の方は住んでいる方からしたら当たり前の内容が長々と続きますので、その方たちはもくじより、ぴよひこの生活費あたりまで読み飛ばしちゃってください。

 

日本との物価比較で見るタイでの生活

 

まずは生活費を日本とタイでを比較してみます。

もちろん日本でも東京や大阪など都心と地方では物価が違うように、タイでもバンコクとそれ以外のところでは物価は大きく異なります。なので、今回は首都圏とバンコクでの一人暮らしという設定で比較してみます。

 

①家賃

 

まず初めに、家賃を比べてみます。

~日本の場合~

日本での首都圏の平均家賃は約70000円だそうです。(参照:20代社会人シングル男女の一人暮らしデータより)

アパートやマンションで月7万って聞いたらまあまあそんなもんかなって感じ。

また、部屋の間取りとしては半数の50%が1Kの部屋だそうです。

なので、日本での1人暮らしのイメージはだいたい下のような感じです。

 

 

 

~タイの場合~

タイの場合は人によって住む場所がだいぶ違うのですが、日本人がある程度不満なく住めるようなアパートの場合は17000円~28000円(5000バーツ~8000バーツ)、コンドミニアムの場合はライフグループなどの安いところで35000円(10000バーツ)~だと思います。

コンドミニアムで駅近で場所もそこそこのところってなると45000円(13000バーツ)って感じですかね。(僕調べ)

当然最寄りがアソークとかプロンポンだともっとしますし、この辺はピンキリですね。

アパートとコンドミニアムの差は、プールやジム、図書館など共同施設がついているかついていないかが主な違いとなってきます。(ついているアパートもあります。)

ちなみに、タイの賃貸物件は基本的にすべての家具家電があらかじめそろっているので、これらを買いそろえる必要はありません。

 

また、部屋の間取りとしてはスタジオタイプと呼ばれるいわゆるワンルーム、もしくはワンベッドルームと呼ばれるいわゆる1LDKが一人暮らしとしては一般的です。なので、イメージとしては下のような感じです。

 

 

家賃でお得なのは?

このように比べてみると、確かに同じお金を払う事を考えると、タイのほうが広くてきれいでプール、ジム付きの良い所に住める事でしょう。個人的には、バンコクの家賃相場は東京の3分の1~2分の1くらいだと思います。

 

②食費

 

次は食費について比べていきます。

日本での20代独身の食費の平均は45000円、そのうち外食費は24000円だそうです。(参照:エネチェンジ

それに対してバンコクでの食費ですが、屋台やフードコートなどで140~240円(40~70バーツ)で食べられます。

また、コンビニなどのお弁当などは比較的安く、屋台と同じくらいの値段で過ごすことができます。

 

しかし、日本料理や洋食となると定食屋などでも1000円を超える事が多く、そこそこちゃんとしたお店に行き、それなりに飲み食いすると一人当たり5000円ほどになる事も少なくはないです。

日本食や洋食などを食べると日本とはさほど変わらない値段がかかることになります。

 

なので、食費に関してはその人の生活スタイルによるので一概にいくらくらいという事はなかなか難しいです。

仮に1日3食、週2回はタイ料理以外、週1回飲み会だと仮定すると約34000円(10000バーツ)前後はかかる計算になります。

 

食費という観点で見ると、思ったより安くはないですよね。

 

③光熱費

 

これらは日本に比べたらだいぶ安く済ますことができます。

日本の光熱費の平均が、電気代3,257円、ガス代2,537円、水道代1,342円の合計約7000円 (参照:エネチェンジ

なのに対し、タイでは電気代1700~3400円(500~1000バーツ)、ガス代0円(そもそもない)、水道代約350円(100バーツ)前後で合計2000~4000円程に抑えることができます。

 

ちなみにタイの電気代は管理形態によって値段が異なります。コンドミニアムだと電力会社と個人で直接やり取りを行うのに対し、アパートの場合はオーナーが一括管理をします。

電気代は1ユニット当たりいくらかが決まっており、コンドミニアムとかだと1ユニット当たり3.5バーツ~4バーツくらいであるのに対し、アパートの場合はそこにオーナーが上乗せした額が加算されるので割高です。だいたい1.5倍から2倍くらいの値段がかかるようです。

 

まあそれでもトータルすると日本よりは割安だといえるでしょう。

 

④通信費

 

日本だと通信費は月平均7500円だそうです。(参照:エネチェンジ

思ったより高くないですね。何なら安いほうな気がする。

まあ調べるの面倒だったんで許してください。エネチェンジが言ってるんであってるんでしょう。

大事なのはタイの値段だからね、まあいいでしょ。

 

 

さあ、タイの値段です!!!

まあ人によるでしょうがだいたい3500円前後(1000バーツ)です。

これは携帯と家でのWi-Fiを合わせた値段なので、家でWi-Fiを使わない人などは大分コストを抑えられるはずです。

多分その場合は1500円くらいかな?

タイの携帯会社はケーブルテレビなどの有料放送を手掛けており、Wi-Fiと携帯とケーブルテレビ全部セットで1000バーツくらいです。

 

というわけで通信費もタイのほうが安いですね。

 

⑤交通費

 

日本の交通費の月平均は約10000円だそうです。(参照:エネチェンジ

流石にエネチェンジって打つのめんどくさくなってきた。

正直自分で定期代などのお金払ったことがないクソガキなんでいまいち実感がわかないですがこんなもんなのでしょう。

まあ大事なのはタイ(ry

 

というわけでタイの交通費ですが基本的には全体的に安いです。

電車はMRTという地下鉄で60~150円(16~42バーツ)、BTSという電車もだいたい同じくらいの値段で乗れます。

また、タクシーも安くメーターで初乗り120円(35バーツ)からで、だいたい中心地ならどこ行っても350円くらいで収まるイメージです。

 

一か月の交通費はトータルで/5000円(1500バーツ)くらい[keikou][になるイメージです。

まあ日本よりは安いですね。

 

生活費まとめ

 

このように、基本的にタイのほうが物価は安いといえるでしょう。

ただ、後程書きますがだからと言っていい暮らしができるかというとそうでもないのかと思います。

まとめと書いたのにまとめる事は特になかった()

 

 

番外編)ぴよひこの一か月の生活費

 

ここまで一般的な生活費の比較を書いてきましたが、実際の僕の先月の生活費を書いていきたいと思います。多少月によってばらつきがあるのですがまあだいたいこんなもんです。

 

家賃 15000バーツ  コンドミニアム、1ベッドルーム、駅徒歩1分

光熱費 電気代 400バーツ これは1週間家にいなかったのでそれを鑑みると500バーツちょっとくらい。 クーラーとかガンガンつける季節は800とかの時も。

水道代 120バーツ

通信費 1160バーツ キャリアはTRUEで、携帯8GB+Wi-Fi+ケーブルテレビの価格。

食費 10000バーツくらい 基本的には朝抜き、昼は自炊、夜は自炊か屋台飯。 週3回くらいは外で日本食なり洋食なり食べる。女の子とご飯を食べる頻度によって結構

な上下あり。

交通費 1500バーツ 基本的に電車移動、近場は歩くので思ったよりかからないものの、移動頻度がとても多かったのでこれくらい。

交際費 3000バーツ これも女の子とのアポの頻度による。

雑費、消耗品費 1500バーツ シャンプーや洗剤などの日用品、証明写真代、クリーニング代など

 

とまあこんな感じです。これらを合計すると[keikou]32680バーツとなり、日本円にして113000円です

 

こうやって書き出してみると思ったより使ってるなあ。

 

タイでの暮らしは本当にいい暮らしなのか

 

さあ、ここからが僕が本当に書きたかった内容です。

上に書いてきた通り、確かに日本よりも安い値段で暮らすことはできますし、コンドミニアムにはプールもジムもついていておいしいタイ料理も毎日食べれて最高の暮らしだと思う方もいるかもしれません。

 

でも、実際に住んでみると思った以上にいい暮らしをしているという実感はありません。

ではこれは何故なのか、原因を僕なりに研究してみました。多分、年齢や収入、在タイ歴などにより個人差はあるとは思いますが、タイに来て半年が過ぎ、海外で暮らしたといえるくらいは暮らしている僕は今現在このように感じています。

 

理由その1:人間はすぐに暮らしに慣れてしまう

 

タイに住み始めた最初の頃は、上記のように物価も安いしタイのすべてが魅力的に感じました。

コンドミニアムを内見で訪れた際は、5万そこそこでこんないい家に住めてご飯も数百円出せばおいしいご飯がお腹いっぱい食べれて最高の暮らしだなと思ったのを覚えています。

でも、結局住み始めて数か月もしたら別にプールなんていかないし、食事も別に安いなどという風には感じなくなります。

 

というのは、ある程度住み始めるにつれて比較対象が変わってくるからです。住み始めた頃は比較対象が日本の物なのですべてが安く感じるものの、時がたつにつれて比較対象はタイの物になっていきます。

 

例えば、タイ料理というのを例に考えてみます。

僕はこちらに住み始めた当初はショッピングモールに入っているようなそこそこちゃんとしたタイ料理のレストランに行くことがしばしばありました。

こういうところで適当に2、3品頼んでビールも飲んだとしたら500バーツ位なんで日本円にしたら1700円くらいです。日本で同じような物を食べようと思ったら4000円5000円くらいはするので大分お得です。

しかし、しばらく住むにつれて屋台もそうだし、ラーンアハーンと呼ばれるその辺にあるレストランに行く機会も出てきます。

そして、そういうところの価格はもちろんちゃんとしたレストランよりも安くて、だからといって味も別段まずいわけでもなく、ちゃんとおいしいわけです。

となると、次第にショッピングモールや、格式高いタイ料理屋に行く機会は次第に少なくなるわけです。値段でいったらどちらも日本よりも格段に安いのに。

 

こういうものはなにも食事だけではなく、散髪であったり、遊びに行くときの費用だったり様々な場面で同じような事が起こります。

住むにつれてたくさんあったはずの選択肢が次第に絞られてくるのを感じました。

 

これはよく言えば現地に適応したという言い方もできますが、悪く言うとみみっちくなったと言えるでしょう。お金には余裕があっても、心が貧しくなっていきます。

 

理由その2:でも結局帰属意識は今まで暮らしていた日本にあるので、そこにズレが生じてしまう

 

住む前は感じなかった事の1つに、自分の帰属意識があります。僕らはどこまで行っても日本人であり、日本での暮らしを忘れることはできません。痛感しました。

当初は、大好きなタイ料理を毎日食べられて快適な暮らしができて最高だと思っていましたが、1か月も経つとある事を思い始めます。人によってはもっと早い段階で思うかもしれません。

 

「日本食が食べたい。」

じゃあいざ日本食を食べるとなるとここで問題が発生します。タイ料理に比べて高く感じる。

 

いや、本当は全然高くないんですよ。例えば、日本の有名カレー屋であるココイチでカレーを食べようと思ったら200バーツ位あれば食べられる訳だし、やよい軒や大戸屋なんてだいたいどのモールにも入っているし、もっと言うと値段を鑑みなければほぼすべての日本にある物は食べられると思う。

これほど日本人にとって住みやすい環境はほかの国ではあまりないんじゃないかと思うんですよ。

 

ただ、先ほど述べたように、比較対象は日本の物ではなく、タイの物になってしまっているんです。一食という意味でみたら50バーツとかで食べられちゃう現実を知ってしまってるわけなんですよ。そうすると何となく高く感じてしまう。

 

これは日本食についてだけではなく、スタバなどの日本と値段の変わらない嗜好品などもなんとなく高いと感じてしまいますね。

 

また、値段だけではなく、サービスも同じような事を思う時があります。

 

レストランなどに行っても嘘だろと思うような接客態度の所がなくはないです。特に地元のレストランで外国人が来ないような所はこういう事が無くはないです。

それ以外にも同じ店で同じ内容の事を尋ねても人によって全然答えが違ったりするし、もちろん外人だとわかるや否やめんどくさい顔する人もいるし。。

基本的に面倒なことはしたくないし、それが顔に出るんですよね。

 

まあ基本的にはこのような事は気にしないけれども、たまーにそういうのでストレスを感じることがあるわけです。

マイペンライなんて言葉ではわかっていても細胞レベルでは僕らに行うことは不可能なのかもしれない。

そして、こういう時に僕の頭にはある思いが思い浮かんでしまう訳です。

 

「日本だったらあり得ないのに。。」

 

 

本来、外国人である僕らはこの環境に慣れるべきだし、そもそもここまでのレベルで日本と同じような暮らしを再現できる事に感謝すべきだと僕は思うわけです。

なんなら、英語での面接でドヤ顔で、「When in Thailand, do as the Thai people do. 」なんて言いました。ええ、言いましたとも。

 

そんな僕ですらふとした瞬間に、無意識に日本と同等の物を求めてしまうせいでストレスを感じる時があり、そのくせタイのいいところは慣れてしまい逆に何も感じなくなる。

実に身勝手な生き物なんだなと痛感しました。

 

ちなみに今までで一番自分にゾッととしたのは通勤ラッシュの時です。タイ人って日本人ほど無理して満員電車に乗ろうとしないんですよね。そんな中、それを見たときにもっとガンガン行けよと思った時は、ゾッとしました。

 

 

まとめ

 

というわけで長々とタイでの生活について、みんなが思っているよりいい暮らしができる訳ではないという事を書きました。

ですが僕はタイに移住する事に否定的であったり、タイが嫌いなどという事は一切ないです。

そもそも上に書いたように原因はタイではなく、ほとんどが自分の意識によるものです。これは恐らく今後5年10年と長いこと住んでいくにつれて変わっていくでしょうし、それに従い自由に使えるお金も増えるでしょう。そうしたらもしかしたらこのような事は思わなくなるのかもしれません。

しかもこれについては個人差が大きいと思います。

なので興味があったら実際に来て住んでみたらいいと思います。そしてそれが比較的簡単に行える環境は整っています。

 

こちらに来る前に皆と同じようなイメージを持ち、半年間住んでみた人間のリアルな感想として参考にしていただければ幸いです。

 

(おわり)